【ニュース】「Apple Special Event “Let's talk iPhone.”」の感想


時間があったので現地時間の4日に行われた「Apple Special Event “Let's talk iPhone.”」
ついて原版を見てみました。
http://events.apple.com.edgesuite.net/11piuhbvdlbkvoih10/event/index.html



皆さんもご存じのように中継の要約や翻訳したサイトはありますが、発表の生の雰囲気を味わいたくなったので見てみました。
以下はてぃーの個人的感想です。

会場は意外と狭い印象を受けました。
東京でいえば「ルミネtheよしもと」ほどでしょうか?


0:07頃~
ティム・クック氏が登場しました。アップルにきての初舞台ということを言っていました。
上海と香港の新しいアップルストアの話でした。

6:30頃~
OS X Lionについて(Windows 7との比較)とマックのシェアについてでした。

20:45頃~
スコット氏によるiOS 5についてでした。

34:15頃~
エディ氏によるiCloudについてでした。
このときに流れる紹介ビデオにさりげなくiPhone4Sと新iPodが映っていました^^
これに気づいた聴衆はいたのでしょうか?!

46:00頃~
エディ氏による新iPodの紹介でした。

52:10頃~
エディ氏によるiPhone4S。
それまでの2人に比べてちょっと早口でしたね。
まずはiPhone4のロゴが出てそれがiPhone4Sに代わりました。
このとき聴衆はちょっとした拍手のみでした。
おそらくiPhone4Sとその後にiPhone5の2台が発表されるという予想に対するものと思われました。
途中54:15頃~57:45頃、なぜかゲーム会社の人が出てきてグラフィックスのよさについて話をしていまいました。

73:25頃~
スコット氏による音声認識Siriのデモ。
74:35頃の天気については、最初てぃーは「Siriは音声認識失敗か?」と思いました。
それは

スコット氏の、“Do I need a raincoat today?”(今日はレインコートが必要か?)
に対して、
Siriは、“It sure looks like rain today.”(今日は確か雨が降りそう。)と答えた

ためです。

しばらく考えてみてこれは失敗ではなくて人間のように自然な会話ができるということだと理解できました。
今までの翻訳系ソフトだとYes/NoクエスチョンにはまずはYes/Noで答えるのが常でしたのでより自然になったことが分かりました。
(でもこのとき聴衆はなぜか歓声ではなく笑い声でしたがこの理由は分からなかったです。)
その後、お勧めのレストランやその道順を教えてくれたり、メッセージの確認・読み上げ、スケジュール確認・設定をしてくれるやり取りもありました。
ほんと自然に対話をしている感じでした。

ちなみに、アメトークの「滑舌(かつぜつ)悪い芸人」でグーグルの音声認識がありましたが、彼らがこのSiriを使ったらどうなるか楽しみですね。
(現時点では日本語にはまだ対応できてないそうで残念です。)
またこのレベルの音声認識だと昔見た映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でオヤジになったマーティーがテレビに向かって観たいチャンネルを言うとそれが映し出される姿を思い出しました。懐かしくなりました。
(ちなみにこの映画での未来とは2014年のことです。あと3年ですね!)

85:15頃~
エディ氏に戻り紹介の続き。その後紹介ビデオ。

92:30頃~
価格と発売日の紹介。

94:50頃~
クック氏に戻り、“Let's review today's announcements.”(今日のアナウンスを振り返ってみよう。)と言って発表を総括しました。
おそらく聴衆は最後に隠し玉としてiPhone5が紹介されると思ったことでしょう。
しかしそんなことはみじんも感じさせず、アップルが素晴らしいものをもたらしてくれたとほめた後あっさりと終了でした。
聴衆も「あれあれ??」という歯切れ悪い感じだったでしょうね。

以上で約95分のイベントが終わりました。
日本時間の深夜2時からだったらしいので終了時間は3時半頃ということになります。
てぃーも起きてみようかと思っていたのですが、最後の最後まで見ないとiPhoneは4Sだけで5は発表されないことが分からない内容だったので寝ててよかったと思いました^-^

それにしてもこの発売前のiPhone4S、業界関係者だけでなく、ビデオ出演者など結構な人がNDA(守秘義務契約)で口を閉ざしていたことが分かりましたね。
すごい我慢だと思いました。

今回の発表皆さんも時間があれば見てみてくださいね。
ジョブズほどではないですがプレゼンの勉強としてはいい教材にもなると思いますので。
またこれもジョブズほどではないですがゆっくりとした英語なので英語のリスニングの勉強にもなると思いますよ。
聞き取れた単語を頭の中でつなぎ合わせてけば大体言っていることは分かるものです。


スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る

スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本
(2011/04/02)
キム キョンテ

商品詳細を見る

スティーブ・ジョブズ-偶像復活スティーブ・ジョブズ-偶像復活
(2005/11/05)
ジェフリー・S・ヤング、ウィリアム・L・サイモン 他

商品詳細を見る





↓この記事が参考になったら拍手をクリックお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事ダイジェスト
お知らせ
ツイッター分析の分析結果が新潟大学教育学部の論文に引用
教育の実証研究の場でも高く評価!

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事