ビッグデータまじ衝撃的!「ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める」のレビュー


書籍「ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める」のてぃーの個人的な感想(レビュー)です。

ビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決めるビッグデータの衝撃――巨大なデータが戦略を決める
(2012/06/29)
城田 真琴

商品詳細を見る


読んだ感想と開発に実践できたことを書いてみます。

内容紹介(Amazonより)
クラウド、ソーシャルに次ぐ第3の、そして最大の潮流――
すべてがデータ化される「ビッグデータ」の世界で、いま何が起きているのか?

世界中の企業が、データの重要性に気付きつつある。データの作成・収集・蓄積・加工・分析がかつてない低コストで可能になった結果、データを適切に活用できるかどうかは、企業規模やカリスマ経営者の有無よりもはるかに重要になった。

いち早くデータの重要性に目覚めたGoogle、Amazon、コマツ、リクルートなどの勝ち組企業に、他社はどうやって追随するのか?すべては「ビッグデータ」への理解と利活用にかかっている。

ベストセラー『クラウドの衝撃』の著者が、勝ち組企業の新常識を鮮やかに解き明かす。



内容と感想


最近何かと「ビッグデータ」という言葉がIT業界をにぎわしているらしいので買って読んでみました。
ビッグデータ分析は昔からよくやられていますが、昔と違ってディスクの容量も演算能力も制限が少なくなっているのでより詳細に分析が行えるということです。
今までやりたくてもできなかった分析ができるようになっているのはいいですね。
その分析結果をマーケティングに反映して売り上げを伸ばしていこうという趣旨です。

特に気に入ったのは下記の点です。


ビッグデータを武器にする企業について(3章と4章)

グーグルのデータの利用については驚かされました。
検索結果で間違いがあった場合「もしかして~」というのがありますが、あの結果をグーグル翻訳に使っているそうです。
本流とは違うデータの利用方法が他にもあって驚かされました。
普通ではごみとしてしか見えないデータでもこのように意外なところで応用されたりしていてさすがは先進企業でした。
データをマーケティングの面から分析して商売に生かすという明確な目標がありますね。

日本企業のビッグデータへの取り組みについてはマクドナルドなどの一般消費者向けのビジネスでは顧客データの利用は想像できますが、BtoBのコマツも顧客データを利用して売り上げを伸ばしていることは意外でした。


プライバシーや個人情報保護の問題とビッグデータの関係について(6章)

てぃーは個人情報保護については知らないことが多く危うく法令違反を犯してしまうところでした(後述)。
つまりは単なるツイートだけを取得していればそれほど問題にはならないのですが特定の人のツイートを集めたり、リンク先にあるfacebookやブログの情報を収集することでその人の普段の生活が分かってしまうという問題です。
それについてはやはり法的に規制があることが分かりました。
 →総務省 利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会「スマートフォンを経由した利用者情報の取扱いに関するWG中間取りまとめ」


データマーケットプレイスについて(7章)

アメリカではデータを売ったりデータは無償提供だけどデータを加工する有料サービスや解析ソフトで儲けるビジネスが進んでいるらしいです。
データを自ら用意するだけでなく一般からもデータを購入してそれを使ってもらうことでお金を取る方法もあるそうです。
アマゾンやマイクロソフトも参入していて燃えているようです。
日本はこういうのは遅れている点がありますね。


もちろん人情面でのマーケティングも忘れずにしてほしいものです。
これだけネット通販が流行っていても地方では定価で売っている家電屋が繁盛しているのはずばり手厚いアフターケアなわけですから。
いくらネット通販があっても相手の顔も見えない&よく知らない人からは買うのはためらわれますからね!


この本を読んで実践できた2つのこと


単に知識を吸収するだけでは本を読む意味はそれほどあるとは言えませんね。
単なる頭でっかちの物知り野郎で終わってしまいます。
実践しないと意味がありません。

てぃーが実践したのは次の2点です。


イベントツイート地図

最近ツイッターの位置情報を使った分析を行っています。
成果はこのブログにまとめながらイベントツイート地図として公開しています。

地図の全体の例

このイベントツイート地図において当初の案では位置情報だけでなくツイートの内容も絡めて公開しようと考えていました。
ところがこの本のおかげで過去に遡って取得したツイート内容は位置情報と絡めて公開できないことが分かり、最終的にはツイート内容は非公開とするようにしました。
知らなかったらまずかったです。


ツイート内容のテキストマイニング

ツイッター分析においてツイート内容については位置情報の付いた少数のもの(全体の約0.18%)のみ見ていました。
これは全ツイートを調べるには膨大すぎて時間がかかりすぎるためです。

しかしこの本を読み内容を分析することを重要性を知りました。
マイニングとあるように宝探しでありその宝の山をきちんと分析する必要を改めて痛感しました。

これによりいろいろなテキストマイニング技術を取り入れて分析を行うことにつながりました。
分析結果はまだまとめきれていませんが近い将来公開できたらと思います。


以上、非常に有益な本でした。
皆さんもこの本を手にされてこれからのビッグデータ時代をともに歩んでみてはいかがでしょう!




↓この記事が参考になったら拍手、ツイート、いいね、はてブ、いずれかをお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
過去記事ダイジェスト
お知らせ

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事
ツイート&いいね!ランキング