老兵は死なず、ただ消え去るのみ!4年間愛用したノートPC「VAIO F」(VGN-FW74FB)を売却


2009年11月に購入し、最近までメインPCとして使ってきたノートPC「VAIO F」(VGN-FW74FB)をついに売却しました。

 

vgn-fw94hs

 

<参考リンク>

 

 

当時の購入理由

 

元々はテレビ録画をしたいために選択した機種でした(Giga Pockect Digital)。当時、価格.comでランキング1位の機種で満足度も高かったため、購入することにしました。また、ほぼ同時に録画用に1TBの外付けHDDも購入しました。

 

ところが実際に使ってみるとテレビ録画機能は全然よいものではありませんでした。特に休止中orスリープ中は夜中2時に結構うるさい音を立てて勝手に立ち上がってくれてました。別にその時間に録画予約をしたわけではないのに。。。しかもその後も電源を落とさないと起動したままの状態に。

 

同じ症状で困っている人のネットでの書き込みを参考にするとどうやらGiga Pockect Digitalで自動録画機能を設定していると番組表を取得するためのようでした。タスクスケジューラを確認してみるとやはりその通り。

 

当時のタスクスケジューラのコピー

task

 

ソニーのサポートにメールをして時間変更できないかと質問してみましたが、番組表取得のため起動することは仕様に載っておらず都合が悪い情報のようで、しらばっくれられました。。。

 

また、外付けHDDに予約録画しようとしても休止中orスリープ中からの復帰直後は次のメッセージが表示され、外付けHDDが認識されないため、録画できませんでした。

USB認識できない

 

こちらもソニーのサポートに連絡しましたが、内蔵HDDを使ってくださいの一点張り。カタログの外付けHDDにも録画できるという触れ込みは一体!?ソニーのサポートは最悪とネットで言われており半信半疑でしたが、このときこの意味がよく分かりましたよ^^;

 

ということで録画マシンとしての利用はあきらめ、普通のPCとして使うつもりが、画面の液晶が緑味がかりすぎて好きになれませんでした。結局、画面は閉じた状態とし、外付けのIPS液晶ディスプレイ(三菱 Diamondcrysta RDT231WM-X)と無線キーボード&マウスで使うことにしました。

 

また、メーカー製PCお得意の余計なソフトが入りまくっているため、起動に購入当時でも3分ほど、最終的には8分かかるという異常な遅さ。当時は「Windows7って全然早くない!」って思ってました。。。購入後2年して職場のPCにWindows7が導入されて初めてWindows7は本来起動は20秒程度ということを知ったくらいです。

 

 

愚痴が多くなりましたが、その後はこのPCでイラストを描いたり、撮った写真を編集したり、ツイッター分析でExcelやRを使ったり、リアルタイムツイッター地図ツイッターボット開発をしてきた思い出深いマシンです。

 

2012年9月にウルトラブックPC「LaVie Z」を購入後は多くのことをLaVie Zで済ますようになり、VAIO Fは母艦として週1程度写真や文書を整理するようになってしまいました。

 

 

売却した理由

 

購入時、既に4年経ったら売却しようと計画していたことが最大の理由です。流行やPCの性能を考えるとこれくらいが限度でしょう。デジモノ好きとしてはもっと短いスパンで買い換えたいとも思うのですが、それはそれで買ったマシンに対して失礼かとも思えるのです。現役で使える期間をきちんと持ちたいですからね。

 

特にブラウザのタブの切り替えごとに1分かかるようになっており、これでは作業が全然進まないことも大きな理由です。サクサク動いてくれないとダメですね。元々動きが遅いPCでしたが我慢ができなくなってしまいました。。。

 

 

準備と売却手続き

 

12月にVivoPCを購入し、母艦としての役割は既に移していました。計画では1月中旬に売却する予定でしたが、意味もなく時間を開けるのは人生としてもったいないので、すぐできることはできるだけ早くやろうと昨日からHDDの消去を始めました。

 

普通の削除だとデータが残っており、復元可能ですからね。売却後に(たとえショップが完全消去してくれるとしても)個人情報が盗まれるのは嫌です。そのため、完全消去ソフトを使って10時間かけてHDDを初期化しました。その後付属のユーティリティー機能を使って再インストールしました。

 

箱は購入時のものを持っていたのでそのまま使いましたね。説明書とか中に入れっぱなしでしたが新品同然でした。リモコンなども忘れずに梱包して某店へ向かいました。

DSC_0060

 

最初に行った店舗はなぜか満員で本日中に支払いの手続きができないと言われました。仕方ないので同じ系列の別店舗に行くことにしました。こちらではあっさりと手続きができました。査定時間も短く1時間程度。ただしその10分後に閉店時間になるので、必ずその10分の間に来てくださいと念を押されましたが。。。

 

店舗をぶらっと見たり、カレーを食べに行ったりした後店舗に戻りました。

 

 

売却額

 

丁寧に使っていたので買取り上限となり、5%アップのクーポンと合わせて

3万8850円でした。

 

購入額が13万5260円だったので、差し引きで9万6410円となります。

4年使っていたので1か月あたり2008円、1日あたり67円の使用料です。

いい買い物でした♪

 

 

今後

 

ちなみに12月に売却したLaVie Zは5万6700円、購入したVivoPCは実質8万9820円(ポイント10%引き)でした。今回のVAIO Fも考慮すると

VivoPC(8万9820円)< 9万5550円(VAIO F + LaVie Z)

となり、VivoPCはこれらとタダで交換してさらに5730円もらったことになります♪

 

自分へのご褒美として購入したVivoPCでしたが、実際はタダだったとはww つまり自分へのご褒美はいまだないことになりますね。かといって欲しいデジモノはそう見つかるわけはなく、今後自分へのご褒美の投入先を考えていきたいものです。

 

 

↓この記事が参考になったら拍手(どなたでも可)、ツイート、いいね、はてブ、いずれかをお願いします。

今後のブログ作りに役立てたいので。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事ダイジェスト
お知らせ

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事
ツイート&いいね!ランキング