望遠デジカメPanasonic LUMIX DMC-TZ60のレビュー(基本機能、本体の大きさ&レンズの長さをTZ30とLF1と比較)


デジカメ Panasonic LUMIX DMC-TZ60の個人的な感想(レビュー)です。

tz60top 

Panasonic デジタルカメラ ルミックス TZ60 光学30倍 シルバー DMC-TZ60-S
パナソニック (2014-02-13)
売り上げランキング: 8,694

 

今回は、本体の大きさ&レンズの長さをTZ30とLF1と比較してみました。ちなみにTZ30は2012年4月発売、LF1は2013年6月発売です。

 

写真で見ていきます。(ちなみに撮影で使ったデジカメはソニー NEX-5RLです)

 

 

基本情報

 

画素数 1810万(有効) 画像素子 1/2.3型 CMOS
ISO感度 100-3200
拡張でISO6400
記録フォーマット JPEG
焦点距離(35mm換算)

4.3-129mm、30倍
(約24-720mm相当)

F値 F3.3-6.4
液晶モニター 3型 92万ドット シャッタースピード 4~1/2000 秒
ファインダー 0.2型20万ドット 起動時間
電池タイプ 専用電池 専用電池型番 DMW-BCM13
撮影枚数 300枚 インターフェース USB、HDMIマイクロ、AV OUT
記録メディア SD、SDHC、SDXC
手振れ補正機能 光学式 防水
連写機能 10コマ/秒 バリアングル
付加機能 Wi-Fi/NFC/GPS RAW+JPG同時撮影
動画撮影 1920 X 1080(60p)
幅x高さx奥行き 110.6 x 64.3 x 34.4mm 本体重量 240g/214g

赤字は特徴的な機能)

 

 

写真での比較

 

TZ60、TZ30、LF1を比較してみます。写真では原則として左から順にTZ60、TZ30、LF1です。

 

正面から

正面からの状態

2014-06-15_120357

高さは64.3mmです。TZ30、LF1と比べると威圧感がありますね!

 

裏面から

裏面からの状態

2014-06-15_125349

基本的にLF1と同様のボタン配置です。

 

裏面からの状態(TZ60のみ)

2014-06-15_125442

Wi-Fiボタン、再生ボタン、コントロールダイヤル、削除ボタン、液晶情報切り替えボタン(DISP)、Fnボタンが付いています。

 

特徴的な約20万ドットのライブビューファインダーは左上についています。一眼レフやミラーレス機と違って、アイセンサーはついておらず、LVFのボタンを押さないとファインダーに切り替わりません。ちょっと不便ですが価格を考えると仕方ないです(LF1も同様)。

 

Wi-Fiボタンを押すことでスマホやPCにつなげることができます。スマホの場合は、専用のアプリ(Panasonic Image App)のインストールが必要です。

 

再生ボタンはTZ30では撮影と再生の切り替えスイッチ式でしたが、TZ60とLF1ではボタン式になりました。再生中にシャッターボタンを押すと撮影モードに切り替わるので便利になりました。

 

 

真上から

レンズを収納した状態

2014-06-15_115117

モードダイヤル、ズームレバー、シャッターボタン、録画ボタン、電源ボタンがあります。電源ボタンはTZ30ではスイッチ式でしたが、TZ60とLF1ではボタン式になったので便利になりました。

 

モードダイヤルは普通に回せる硬さです。また中途半端な位置にダイヤルが止まっていても、液晶に「モードダイヤルがずれています」という警告が出ますので安心です。

 

 

倍率1倍のとき(35mm換算で、TZ60とTZ30:24mm、LF1:28mm)

2014-06-15_115446

(電源を入れたときのレンズの倍率は前回の倍率にするようにも設定できます。)

レンズの長さは、付け根から、TZ60:4.3cm、TZ30:3.5cm、LF1:3.2cmです。TZ60とTZ30は同じ倍率ですが、TZ60はコントロールリングが付いているため、その分長くなっています。

 

最大倍率のとき(35mm換算で、TZ60:30倍、TZ30:20倍、LF1:7.1倍)

2014-06-15_115549

レンズの長さは、付け根から、TZ60:7.0cm、TZ30:5.1cm、LF1:3.9cmです。倍率30倍ともなると結構長くなりますね。最大にしたまま、持っておくと思わず何かにあたってしまうかもしれません。

 

縦に並べた状態(上から順にTZ60、TZ30、LF1)

2014-06-15_120128

幅は110.6mmです。厚みもあるので持つとやや大きく感じます。

 

 

左側面から

倍率1倍のときと最大倍率のとき(TZ60のみ)

2014-06-15_125807

 

2014-06-15_125817

倍率1倍のときは水平ですが、最大倍率にするとレンズの重みで水平を保てず、傾いてしまいます。それでも倒れこんでしまうほどではないですが、机に置いて撮影する時は注意が必要です。

 

 

まとめ

 

比較したTZ30、LF1と比べるとやや大きいですが、倍率30倍、Wi-Fi機能が収まってこの程度というのは技術の進歩に驚くばかりです!!

 

望遠撮影は明るい屋外で行う場合が多いですが、液晶モニターでは見るのが厳しいときがあります。TZ60ならばファインダーがあり、視認性の面で有利です。また、倍率30倍はの望遠ズームは、一般的なネオ一眼をも凌駕する画角です!

 

TZシリーズ、つまりTravlel Zoom(旅行ズーム)の名にふさわしい旅行用として、そして普段の撮影用として、ポイントを押さえたデジカメですね。

 

 

Panasonic デジタルカメラ ルミックス TZ60 光学30倍 シルバー DMC-TZ60-S
パナソニック (2014-02-13)
売り上げランキング: 8,694

 

 

 

 

↓この記事が参考になったら拍手、ツイート、いいね、はてブ、いずれかをお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事ダイジェスト
お知らせ

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事
ツイート&いいね!ランキング