【文法】Objective-Cでの1つのメソッドでの複数の処理の切り替え


今回は1つのメソッドでの複数の処理の切り替えについてです。
こちらも2011.02.20【文法】Objective-Cでのボタン(UIButton)のタイトルの変更でのリクによります。

前提として
BtnA、BtnB、BtnCを作り、すべてにTouchBtnAllメソッドへアクションを設定したとします。
設定方法はInterface Builderで(Xcode4ではその中で)作成するか、
プログラム中で作成する場合はaction:@selector(TouchBtnAll:)としてください。
Received ActionsのTouchBtnAllのアクションが3つとなり、Multipleと表示されます。110621-0007.png

次のようにコードを書きます。

- (IBAction) TouchBtnAll:(id)sender {
    //id型のsenderをUIButton型に変換する
    UIButton *senderBtn = (UIButton *)sender;
    
    //各ボタンに応じた処理
    ・・・
    
    //各ボタンへの共通の処理
    ・・・
}


まず、引数のsenderが呼び出し元を表しています。
これをまずはUIButton型に変換してから分岐します。
アクションのメソッドの場合、原則として引数は(id)senderですが
最初からUIButton型にしか使わないことが分かっているならば
(UIButton*)senderにしておけばわざわざUIButton型に変換する手間は省けます。

要するに、
・いろいろな型のオブジェクトを引数にする場合は、(id)sender
・ある特定の型のオブジェクトを引数にする場合は、(その型)sender
とするのが楽でしょうね。

次に、「各ボタンに応じた処理」の箇所で分岐を作って処理を切り替えましょう。
分岐基準ですが、ボタンのタイトル、画像、位置、大きさ、tagなど必要に応じて各プロパティで分岐すればいいだけです。
例えば、ボタンにtagを振った場合は次のようになります。

//各ボタンに応じた処理
if (senderBtn.tag == 1) {
    //何らかの処理
    ・・・

} else if (senderBtn.tag == 2) {
    //何らかの処理
    ・・・

} else {
    //何らかの処理
    ・・・

}


2011.06.21【文法】Objective-Cでのボタンのタイトルによる処理の変更方法も参考にしてみてください。

ちなみにVisual Basicでは以下のようになります。
Visual Basicを知っている方は、より理解が深まると思います。

'Handlesの後にイベントを列記(ここでは各ボタンのClickイベント)
Private Sub BtnAll_Click(ByVal sender As System.Object, _
                         ByVal e As System.EventArgs) _
                         Handles BtnA.Click, BtnB.Click, BtnC.Click

    'Button型に変換
    Dim senderBtn As Button = DirectCast(sender, Button)

    '各ボタンに応じた処理
    ・・・

    '各ボタンへの共通の処理
    ・・・

End Sub



↓この記事が参考になったら拍手をクリックお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事ダイジェスト
お知らせ
ツイッター分析の分析結果が新潟大学教育学部の論文に引用
教育の実証研究の場でも高く評価!

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事
ツイート&いいね!ランキング