Microsoft Office 2016 for Macでオフィスは超絶進化!Microsoft Office 365 での購入方法と使い勝手とアップグレード方法も


※最終更新日:2015/10/11(パッケージ版について追記)

※本記事はマック版についてです。Windows版についても、下で紹介しているように「Microsoft Office 365 Solo」 がおすすめです。

 

 

マック版のオフィスを Microsoft Office 2016 for Macにアップグレードしました。

 

使い勝手が劇的に上がってうれしいので、導入方法とパワーアップしたことなどいろいろと紹介します。

maxresdefault

 

 

Office2016の導入方法

 

PAK85_MBAdesagyou20140312-thumb-1000xauto-17014

 

個人でOffice 2016 for Macを導入するには、当初のMicrosoft Office 365 Soloに加え、9月末からパッケージ版も発売されるようになり、選択肢が増えました。

 

 

Microsoft Office 365 Solo

 

 

「Microsoft Office 365 Solo」は、Windows版・Mac版・スマホ版の共通のライセンスで、Windows版・Mac版両方合わせて最大2台までインストールできます。

 

しかもPCとは別にiOSとAndroidのスマホ2台・タブレット2台にもOfficeまでインストール可能です。iPhoneやiPadには、無料版のWord・Excel・PowerPoint・Outlook・OneNoteなどのアプリがそれぞれ用意されていますが、Microsoft Office 365のライセンスを持っていると、上位版のビジネス向けプランに搭載される追加機能が使えます。

 

Word・Excel・PowerPointといったお馴染みのソフトのほか、メールソフトのOutlookとノートソフトのOneNoteが付属します。

Office-for-Mac-2016-Logo-553x142

 

購入方法は、マイクロソフトからも直販されていますが、Amazonの方がなぜか安いのでこちらがおすすめです。

 

 

パッケージ版

 

 

Microsoft Office Mac Home Business 2016 Multi Pack [ダウンロード][Mac版](PC2台/1ライセンス)

 

「Office Home & Student 2016 for Mac」と「Office Home & Business 2016 for Mac」の2種類があります。パッケージ版とありますが、DVDなどの媒体販売はなくダウンロードのみです。

 

Office 365 Soloとの違いは、永年ライセンスである点、導入できるマシンがマック2台までに限られる点(スマホなどへも不可)、ソフトが異なる点、途中でバージョンが変わるアップグレードがあっても無料更新できない点(同じバージョン内でのアップデートは可)、OneDriveの容量などです。

 

特にOffice Home & Student 2016 for Macのソフトは、Word・Excel・PowerPointとノートソフトのOneNoteのみとなり、どういうわけかメールソフトのOutlookが付属しないので要注意です。

Office-for-Mac-2016-home-Logo-553x142

 

一方、Office Home & Business 2016 for Macのソフトは、Office 365 Soloと同じく、Word・Excel・PowerPoint・Outlook・OneNoteとなります。

Office-for-Mac-2016-Logo-553x142

 

購入方法は、どちらも店頭(コードのみを購入後ネットでダウンロード)、またはネットとなります。ネットではマイクロソフトからも直販されていますが、Amazonの方がなぜか安いのでこちらがおすすめです。

 

 

Office2016の新機能・よい点

 

IR85_PCwonozokikomuneko20130618-thumb-1000xauto-17267

 

Widows版との互換性

Office2011よりも格段に向上しました!

 

Office2011はWindows版の2007・2010との互換性を重視した製品でしたが、それでもレイアウトの崩れや機能の差が生じていました。

 

今回のOffice2016ではかなりの最適が施され、Windows版の2007・2010はおろか、2013と比べてもほぼ問題のないレベルに到達しているといえそうです。

 

また、インターフェースもWindows版の2013と近くなり、違和感がありません。職場でWindows、家ではマックという方でも違和感を感じることなく、作業を行うことができるようになりました。

 

 

クラウド(OneDrive)への対応

オンラインストレージであるOneDriveは、Microsoft Office 365では1TB、パッケージ版では15TBのアクセス権が付属します。OneDriveは、Windowsのほか、Mac用のアプリも用意されています。

 

これはGoogleドライブやDropboxと同じような仕組みで、ウェブブラウザに依存せずにフォルダ単位で同期可能です。フォルダーに保存したいファイルをドラックアンドドロップするだけです。また、フォルダ上のファイルを上書き保存(つまりファイルを保存する場所をOneDriveのフォルダに設定)すれば自動更新もできます。

 

 

Retinaディスプレイへの対応

実はOffice2011も、2012年のバージョンアップでRetina解像度に対応しました。しかし完全対応ではなく、フォントリストなどのインターフェース部分は、フォントリストやファイル保存画面の文字がぼやけたり、起動が遅かったりしました。また、文書に挿入した画像部分はRetina解像度が有効ではなく、低解像度のままでした。

 

今回のOffice2016では、この点が完全に修正されており、ぼやけませんし、起動も速いそうです。

 

(てぃーはRetinaディスプレイのマックではないのでその恩恵を受けられず悔しいです 涙)

 

 

まとめ

 

HIRA86_MBAkey-thumb-1000xauto-17206

 

ということで、Office2016 for Macを買った方がいい方は次のような方でしょう!

・既に「Microsoft Office 365」を使ってOffice2011を導入している方(アップレードは無料のため。アップグレード方法は後述します)

・職場がWindowsのOffice2013で、家のマックのOffice2011に違和感を感じる方

・これからマックでMicrosoft Officeが必要な方

・新しいもの好きの方

 

ぜひご検討ください♪

 

 

 

 

Microsoft Office 365でのOffice2011→2016へのアップグレード方法

 

さてアップグレード方法についてです。

 

Amazonの「アカウントサービス」から「注文履歴」→Office365を探し、「ソフトウェア ライブラリへ移動」→「Office.com」へ行きます。Microsoftアカウントでサインインするとソフトのアップグレードを選択することができます。

150712-0001

 

このとき既に2つのOfficeをインストールしている場合は、新たなインストールができません(上図で右の「インストール」ボタンが選択不可状態になっています)。

 

そのため、どちらか一方のOffice(通常はマック版)を「非アクティブ化」すると「インストール」ボタンが選択できる状態になります(下図)。

150712-0002

 

後は「インストール」ボタンをクリックしていけばインストールが開始されます。

150712-0003

 

インストールが完了するとDockにWord2016のアイコンが表示されますので(他のOfficeソフトはありません)、クリックすると開始されます。

150712-0005

 

ライセンス認証のために再度サインインします。

150712-0006

 

更新プログラムのインストールを勧められますので、インストールした方がいいでしょう。

150712-0008

 

これが終わるとようやくWord2016を使うことができます。

150712-0011

 

 

アップグレード方法は以上です。

 

 

 

 

↓この記事が参考になったら拍手(どなたでも可)、ツイート、いいね、はてブ、をお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。

関連記事

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事ダイジェスト
お知らせ
ツイッター分析の分析結果が新潟大学教育学部の論文に引用
教育の実証研究の場でも高く評価!

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事