エネループとエボルタの違いを比較!するとAmazon互換品のアマループも欲しくなってきた


image

 

これまでふつうの単三電池・単四電池型の充電電池はあまり意識してきませんでした。

 

これらの電池は使用頻度が少なく、100円ショップで使いきりタイプを購入する程度でした。さらにはスペーサーなどで代用してきました。

 

オーム電機 フルサイズ電池アダプターOHM BT-Z1234A(03-5220)
オーム電機
売り上げランキング: 40,397

 

ところが最近旅行に行って気が付いたのは、スマホやデジカメがUSB充電が普通で持ち運びのできるバッテリーチャージャーに電池タイプが有益なこと!

 

直接機器に単三電池、単四電池を入れるのではなくバッテリーチャージャーとして使う重要な用途があることが分かりました。

 

 

ということで現在の充電電池の主流である「エネループ」(eneloop)と「エボルタ」(EVOLTA)について違いをまとめましたので紹介します。

 

 

 

エネループとエボルタの名称の違い

 

簡単な紹介としては次の通り。

エネループ
旧三洋電機の充電池 今は経営統合先のパナソニックが販売を継続している。

 

エボルタ
パナソニックの電池 充電式エボルタと充電できないアルカリ電池エボルタがある。

 

エネループは旧三洋電機の充電池ですが、国内シェア7割・海外シェア11%と抜群の知名度を誇る製品なので経営統合後もパナソニックは継続販売しています。

 

パナソニックに統合されて名称が消えた商品も多いのですが(てぃーとしてはXactiは残してほしかった><)、エネループは抜群の知名度のため残すことが決まったようです。

 

しかし名称は残してもパッケージでは目立たなくなってしまいました。。。

 

新エネループで「Panasonic」ロゴが「eneloop」ロゴに取って代わったワケ (1) 新エネループで「eneloop」ロゴが小さくなった! ネットでは反響続々 | マイナビニュース

まあ経営統合されたわけですから文句は言えません。身売りされないだけマシでしょう。そもそも三洋の商品を買う人が少ないから経営難になったのに批判している人の気が知れません。三洋をつぶしたくなかったならば無理矢理でも商品を買うべきだったのですから。

 

 

エネループとエボルタの性能の違い

 

名称の違いだけでなく、性能も違います。パナソニックのホームページによると次の通り紹介されています。

image

image

 

エネループはくり返し使用回数の多く、エボルタは1回の使用時間が長いとのことです。

 


一長一短ですね。使用状況によって変えるのがいいでしょうが、あらかじめそれが分かっていない場合の方が多いので、そのときの好みで選ぶことになるでしょう。幸いそれほど大きな違いにはならないのでどちらを購入しても安心です。

 

 

むしろエネループとエボルタそれぞれの中でグレードがあることの方が注意が必要です。 とりあえずは「スタンダードモデル」を購入し、普通に使っていて使用頻度がより多ければ「ハイエンドモデル」を買い足すのがいいでしょう。使用頻度が少なければ「お手軽モデル」を買い足すのがいいかもしれませんが、このとき既に「スタンダードモデル」があるのであまり意味はないでしょうね。

 

普段の使い方から使用頻度を割り出せればいいのですがそれは難しいことが多いので、まずは「スタンダードモデル」で行きましょう。 

 

 

エネループとエボルタの充電タイミング、充電にかかる電気代

 

どちらも買ってすぐ使え、 最初に充電する必要はありません。その後、数回充放電を繰り返すと性能が安定します。

 

またどちらも使い切らずに継ぎ足し充電しても長持ちしなくなるということはありません。気付いたら取り敢えず充電というスタイルでの使い方がおすすめです。まあパソコンやケータイ・スマホの充電がそうなので今どき当然でしょうが、昔はそうでなかったわけですよ(トオイメ)。

 

そして一度の充電でかかる電気代はたったの0.1円!普通の電池を買うよりはるかにお得です!

 

100円ショップでその都度購入するよりも簡単に元が取れるので、知らなかった自分が空しくなってしまいました。

 

なお充電器は急速充電タイプと通常タイプがあり、急速充電器は実質3.5倍ほど急速充電できます。しかしスタンダードモデル以上は急速充電タイプが付属するので実質的には急速充電のみと考えてよいでしょう。この意味でもスタンダードモデルを購入することをおすすめします。

 

また現在付属発売されている充電器はエネループとエボルタどちらも充電可能なタイプのようです。

 

 

まとめ

 

・エネループはくり返し使用回数の多く、エボルタは1回の使用時間が長いが、使用状況においては大差は感じられるほどではない。

・むしろエネループとエボルタそれぞれの中でグレードがあることに注意。

・とりあえずは「スタンダードモデル」を購入するのがよい。

・エネループとエボルタのどちらのブランドを選ぶかは好みによる。

 

エネループとエボルタの勉強をしていて知ったのですが、Amazonでエネループの互換品通称「アマループ」というものを発見しました。

 

中身はどうやら少し前の世代のエネループと同等品のようです。中身がエネループということで安心ですね。使用回数が少ない分、価格は安くなっています。現在Amazonではこのアマループが最も売れています。デザインもエネループやエボルタよりもやわらかい感じがしますね。

 

こちらなら安いので大容量タイプも視野に入ります。

 

 

このような人気ランキングは絶えず変化しているので、Amazonなどをチェックしていい商品を見極めていきましょう!!

 

 

↓この記事が参考になったら拍手(どなたでも可)、ツイート、いいね、はてブ、をお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

当たり前と言えば当たり前ですが、Panasonic の用意した広告や資料では、都合の悪い部分は見えないようになってるっぽいです。

http://ameblo.jp/makids2/entry-11521533405.html
プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事ダイジェスト
お知らせ

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事
ツイート&いいね!ランキング