今のソニーはこの勢いと輝きを取り戻せるか!銀座ソニービルの「It's a Sony展」に行ってきた!(後編)


銀座ソニービルで開催されている「It's a Sony展」について、前編からの続きです。

up2016-12-26_161127


 

バブルラジカセ、重箱式ミニコンポ

バブル真っ盛りの1980年代後半~90年代前半には、本来のポータブル性をやや犠牲にした重装備ラジカセが一種のブームとして当時の若者の憧れでした。

 

軽量、シンプル、コンパクトが求められるその後~現代とは対照的ですね。

 

DoDeCaHORN(ドデカホーン)

up2016-12-26_151440

 

up2016-12-26_151454

このいっぱい詰め込んだボタン類が懐かしい人にはたまりません。左右のスピーカーユニットがつながっていることでスピーカー容量が生まれ、重低音を奏でますぶっぱなします!!

 

LIBERTY(リバティ)

up2016-12-26_151705

 

up2016-12-26_151600

 

LIBERTYはREBECCAがCMをやっていたことを思い出してしまいました!

 

Pixy

up2016-12-26_151808

 

up2016-12-26_151738

やや時代が新しくなって横幅215mm前後のミニコンポが主流を占めるようになります。

 

 

そして時代はMDへ

MDウォークマン初号機『MZ-1』(1992年)up2016-12-26_152357

 

パーソナルMDシステム初号機『ZS-M1』(1992年)

up2016-12-26_152449

 

キューブリック『CMTーM1』(1995年)

up2016-12-26_152504

CMでの「サイズCD、ウイズMD」のキャッチコピーが印象的でした。

 

デジカメ

サイバーショット初号機『DSC-F1』(1996年)

up2016-12-26_152735

 

光学5倍ズーム『DSC-F505K』(1999年)

up2016-12-26_153023

 

サイバーショットU『DSC-U10』(2002年)本体重量はなんと87g!

up2016-12-26_154508

 

 

ブラウン管テレビ

右から、キララバッソ『KV-29ST1』(1991年)、スーパーフラットトリニトロン『KV-28SF5』(1996年)、WEGA(ベガ)初号機『KW-32HDF9』。up2016-12-26_153147

ソニーのブラウン管テレビはソニーの高品質の代名詞でしたが、ブラウン管へのこだわりが後の液晶テレビへの転換を遅らせてしまうのは皮肉なものです。

 

 

VAIO(バイオ)

デスクトップ型バイオ初号機『PCV-T700MR』(1997年)

up2016-12-26_152816

当時珍しかったCD-Rドライブを搭載し、ビデオCDやMPEG1によるテレビ録画を実装していました。

 

バイオノート505『PCG-505』(1997年)

up2016-12-26_152754

この大ヒットにより銀パソブームが起こり、一躍VAIOは人気PCの座に登りつめます。他社が白くて事務用のPCばかりの中、紫色そして動画編集などクリエイティブ活動のためという訴求がユーザの心を射止めます。

 

バイオLX『PCV-LX80』(2000年)。タブレットPCの先駆けです。

up2016-12-26_154006

 

バイオQR『PCG-QR1』(2000年)。ファッション性の高いかわいいPCです。

up2016-12-26_154031

 

VAIOはソニーの花形事業となりますが、2000年半ばから売上げは落ち込み、お荷物事業となるとはこのとき誰が予想できたでしょうか。。。

 

 

DVD/HDDレコーダー

左から、HHDレコーダーClip-On『SCR-715』(2000年)、コクーン『CSV-E77』、BDレコーダー初号機『BDZ-S77』

up2016-12-26_154103

どれも時代を先取りしすぎてて売れませんでした。

 

左からDVD/HDDレコーダー スゴ録初号機『RDR-HX10』(2003年)、PlayStation2 が遊べるPSX『DESR-7700』(2003年)up2016-12-26_154107-2

スゴ録はその後ソニーのDVD/HDDレコーダーの主力となりますが、PSXは盛り上がらず終息へ。

 

 

ロボット

AIBO(アイボ)とQRIO(クリオ)up2016-12-26_154318-2

動いてはおらず、もうあの愛くるしいしぐさを見ることはできないのでしょうか。

 

 

歴代プロダクトラバーストップのカプセル

 

歴代プロダクトラバーストップのカプセルがありました。

up2016-12-26_155248

 

up2016-12-26_155257

 

1回500円。「It's a Sony展」に来た記念に回してみました!

up2016-12-26_155458

 

サイバーショットが当たりました♪

up2016-12-26_155744

 

 

まとめ

 

今回の「It's a Sony展」を見て痛感したことは、

昔のソニーはすごかった!

ということ。

 

てぃーも1980年代後半~200年代初めはソニーが大好きで、ソニー以外の会社のデジタル製品は持っていることすら恥ずかしいと思っていたこともありました。それは妄想ではなく当時の多くの人が感じたことでしょう。

 

それを端的に表していたのが前編で紹介した広告のキャッチコピー。

・「ところが近頃、街でウォークマンもどきに出合うことがあります。」

・「ね、すごいたくさんでしょ。と、この際ソニーは威張りたいです。」

・「ウォークマン以外は、ウォークマンではありません。」

 

これは誇大広告でもなく、いかにソニーが全盛を極めていたかよく分かる言葉です。

 

悲しいながら2003年のソニーショック以来、今のソニーにこの勢いや輝きはありません。今のソニーはどちらからというと保守的であり、直接表に出ない部品(FeliCa、カメラセンサー)で安定的な稼ぎをしているイメージです。

 

当時のソニーのポジションはアップルやグーグルにとられている感があります。諸行無常といえばそれまでですが、日本人としてそしてウォークマンをはじめ革新的な製品で魅了された者からすれば、ソニーには昔の勢いと輝きを取り戻してほしいと切望します!!

 

 

なお、今回写真で紹介した製品は展示物のうちの一部にすぎません。あくまでてぃーが特に思い入れの強かった製品を中心に紹介しています。

 

人によってソニーやソニー製品の思い出は様々です。「あの製品について見たかった」「あの製品は展示していなかったのか」と思われた方、ぜひ銀座ソニービルの「It's a Sony展」に足を運んで、それを自らの目で堪能していただければと思います。


あるいはソニーのHPなどネットでじっくりと見るのもいいですね!^^ソニーHPでは1995年からのプレスリリースがいつでも閲覧可能です!

 

 

おまけ

 

「It's a Sony展」を見終わった後、銀座をぶらっとしました。(いわゆる銀ぶら)。するとなぜか無性に秋葉原に行きたくなってしまいました^^

 

2012年は同じ時期に秋葉原に行ったことを思い出しましたw

 

何かてぃーを駆り立てるものがあると確信して秋葉原に向いましたw

 

 

ところが待っていたのは銀座とは全く異なるオタクの聖地w 銀座との落差に愕然とし、気がつけばてぃーは秋葉原のような雰囲気がアウェーになっていることに気づかされました。

 

特大のスパゲティーナポリタン(パスタと呼ばない)を口いっぱい頬張り、帰路に着きましたとさ^^;

2016-12-26_181333

 

 

↓この記事が参考になったら拍手(どなたでも可)、ツイート、いいね、はてブ、をお願いします。今後のブログ作りに役立てたいので。

関連記事

プロフィール

てぃー

Author:てぃー
詳しい自己紹介:こちら
Twitter:@teapipin


follow us in feedly 
にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログへ
現在の閲覧者数:

ブログ内検索
今日のアクセス数の多い記事
カレンダー

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事ダイジェスト
お知らせ
ツイッター分析の分析結果が新潟大学教育学部の論文に引用
教育の実証研究の場でも高く評価!

ツイッター分析の分析結果が和歌山大学防災研究教育センターの論文に引用
防災の研究において評価!

2015年版ツイッター分析(世界編)が始動!
今回は世界の国別・言語別ツイートを分析!

ツイッター分析の分析結果が慶應義塾大学有名教授の研究論文などに引用
文系の研究までも制覇!

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2015月2月号」に「インターバルタイマーEX」が3度目の掲載!ポモドーロテクニックに有効!

自作Macアプリ3部作が2014年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100にすべてランクイン

TimeCalcを公開しています!
時間計算、年齢計算、学歴欄作成など。

ツイッター分析の分析結果が人工知能の研究に!
ブログが学会発表で引用されました。

今まで開発したiPhoneアプリのソースコードを公開しています!
勉強に役立ててください。


2013年 Vector 年間ダウンロードランキング Mac トップ100に「デジカメ変更日を撮影日に一括変更 for Mac」と「インターバルタイマーEX」がランクイン

Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2013月4月号」に「インターバルタイマーEX」が2度目の掲載!!

リアルタイムツイッター地図
リアルタイムツイッター地図を公開しています!
位置情報付きツイートをリアルタイムに表示します。

新たなツイッター分析としてイベントツイート分析を行っています!

2012年8月1日(水)開催の「Twitter勉強会」で発表
ツイッター調査:約173万ツイートを調査して分かったTwitterの利用動向 #twtr_hack from teapipin


Interval Timer EX
有名雑誌「Mac Fan 2012月3月号」に「インターバルタイマーEX」が掲載!!



 

はてなブックマークの人気記事
ツイート&いいね!ランキング